AISIN

Installation
2017

Client : Aisin
Producer : Toshiki Kiriyama (Trunk)
Design : Hideki Yoshimoto
Engineering : Edward Slater + John Bertolaso
Photographs : Daisuke Oki

Aisin commissioned Tangent to create an installation for Milan Design Week 2017. The sculpture, depicting a 1:1 car in pure white and wrapped in thread to metaphorically resemble a cocoon, was crafted to envision the client's concept of a future where the relationship between car and user is more intimate. The silkworm's cocoon, known for its soft yet strong nature that shields the insect in its most delicate form, served as an analogy. This representation highlighted the enduring importance of protecting passengers, irrespective of how cars evolve. The sculpture's pure and organic form reflects a more engaging relationship between the car and the user.

アイシンからの依頼を受け、2017年のミラノデザインウィークのためにインスタレーションを制作しました。彫刻は、純白の1:1の車を描き、象徴的に繭に包まれているものであり、将来の車と利用者の関係がより親密なものとなるというクライアントのコンセプトを想起して制作されました。蚕の繭は、柔らかでありながら強い性質で知られており、昆虫を最も繊細な形で守っています。この表現は、車がどのように進化しても、乗客を守り続ける重要性を強調しています。彫刻の純粋で有機的な形は、車と利用者の魅力的な関係を反映しています。