BURJKHALIFA

Installation
2016

Client : Burj Khalifa (Emaar Properties) / Dubai Design Week
Animation : Yusuke Murakami
Sound : Hideki Yoshimoto
Photographs : Tangent

The world's tallest tower, Burj Khalifa, boasts a façade covered in LEDs spanning from bottom to top, capable of displaying moving images. Tangent was commissioned to create an animation for what is essentially the world's largest display during Dubai Design Week 2016. The concept involved a seven-minute animation portraying a journey starting from the Earth's core, ascending through the layers of the planet's internal structure, before venturing into deep space. The work was aptly named 'Ascension.'

世界一の高さを誇るブルジュ・ハリファは、LEDで覆われた外観が特徴で、底から頂上まで動く映像を映し出しています。タンジェントは、2016年のダブリンデザインウィークで、本質的には世界最大のディスプレイのためのアニメーションを制作するように依頼されました。コンセプトには、地球の核から始まり、地球の内部構造の層を通過してから、宇宙の奥深くに進む旅を描いた7分間のアニメーションが描かれています。この作品は「Ascension(昇華)」と名付けられました。