HERMES

InstallationExhibition
2019

Client : Hermès
Creative Direction : Hideki Yoshimoto
Lead Design : Massimo Marolda
Design and Fabrication : Federica Annacondia
Engineering : Edward Slater
Production Partner : Asylum Models and Effects
Photographs : Marie-France Millasson1

Hermès entrusted Tangent with the creation of an installation and window displays for the brand's pavilion at SIHH (Salon International de la Haute Horlogerie), one of the world’s most prestigious trade fairs for watches, held in Geneva. The centerpiece, a sculpture of the Earth measuring 3.5 meters in diameter, slowly rotates and is adorned with 20,480 triangular tiles made from unusable old photovoltaic cells. The wall behind 'Earth' is uniformly illuminated to represent the Sun. Surrounding the booth are 16 displays depicting space-related scenes, including a crater impact, a luminous comet, the red planet, gas giants, wormholes, and the Milky Way. These displays narrate the journey of an astronaut traveling beyond our solar system into the unknown depths of space.

高級腕時計の世界的な見本市であるSIHH(Salon International de la Haute Horlogerie)のために、エルメスからの依頼を受けて、インスタレーションとウィンドウディスプレイを制作しました。この見本市はジュネーブで開催され、最も権威のある高級腕時計の見本市の一つです。エルメスのパビリオンの中心には、直径3.5メートルの地球の彫刻があり、使用済みの太陽光発電セルから作られた20,480個の三角形のタイルで飾られ、ゆっくりと回転しています。 'Earth'の後ろの壁は、太陽を表すために均一に照らされています。ブースの周りには、16つのディスプレイがあり、宇宙に関連するシーンが描かれており、クレーターの衝撃、輝く彗星、赤い惑星、ガスの巨星、ワームホール、そして天の川などが展示されました。これらのディスプレイは、宇宙飛行士が太陽系を超えて、未知なる宇宙の深部への旅を物語っています。